Webチェッカー

悪質な書き込み放置のリスク

インターネット上では、事実無根の情報がすぐに広がってしまいます。

自社の情報、社員に関する内部情報
経営者に対する誹謗中傷
事実無根の嘘・印象から膨らむ憶測

このまま放置するのは危険です!

「正確な情報でないから、閲覧者は信用せずに正しい判断をしてくれるはず」と考えておられる経営者の方は少なくありません。

しかし、メディアリテラシー(情報を適切にかつ多面的に分析する能力)は日本では成熟しておらず、誹謗中傷を見た一部の閲覧者が興味本位で、根拠なき無責任な匿名投稿を繰り返し、誹謗中傷が事実であるかの如く定着していきます。

将来の顧客を含んだ無関係な新しい閲覧者が、その企業に対するマイナスイメージを一方的に植えつけられてしまい、結果として多くの企業が風評の被害者になってしまいます。

早期発見・対策が必須

悪評が蔓延してしまうと、制御がきかなくなってしまいます。
そうなってしまう前に、弊社の風評被害監視「Webチェッカーサービス」で早期発見し、法的措置も含めた迅速な対応で被害を抑制します。

また、正確な情報に基づいた口コミや評価を高めるポジティブな情報を発信することで、貴社に対する顧客の信頼性を高め、制御不能と諦めていた領域を制御可能領域に変えていくことができます。
詳細は風評被害への対策

ただいま、無料相談実施中!

専任のスタッフがご相談内容に応じて、適切なアドバイスをさせて頂きます。

お気軽にお電話下さい。

また、お問い合わせフォームより、メールでのお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせは…

サイバーサーベランス 受付電話番号
06-6260-7746(代表) 平日10:00~18:00